【積立投資のメリット5つを徹底解説】まだ積み立て投資はじめてないの?




toshitami
「積立投資」ってよく聞くけど、あれってなにがよいの?

難しいこと考えずに、普通に買った方がよくない?

この記事を読むことで
  • 積立投資の5つメリットが分かります。
  • 積立をしたいあなたにおすすめのサービスを紹介します。
  • 証券会社の選び方や、おすすめの銘柄について言及します。

 

もちろんtoshitamiも積立投資始めています。

この記事を書いている現在、

 

の合計4.3万円を積み立てています。

 

ではなぜtoshitamiが積立投資をしているのか?

積立投資のメリットについて解説していきます!

 

1回の投資額が少なくて済む

まずはこれです。

大体、株を購入するときは、100株単位で購入することになります。

 

金額は本当に企業によって様々ですが、

購入できる最低金額が

10万円かからないものもあれば、

30万で足りない会社もあります。

 

たとえばディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、

最低価格が300万円前後します。

 

ですが、積立投資であれば、

toshitamiの積立額から分かるように、

1万円前後から可能です。

(100円から可能な金融機関も存在します。もちろんその分リターンも小さいです)

 

これは大きな元手を必要としないですし、 暴落したときの精神的ショックも少なく

初心者にやさしい投資法と言えると思います。

 

自然と投資元本が積み上がる

2つめは自然に元本が積みあがるということです。

 

積立は「毎月〇円を積み立てる」と決めて運用していくものです。

 

なので、「最初からナイもの」として生活できます。

(給与の税金・保険料天引きとイメージは似ていますね)

 

「最初からナイもの」として扱うと、

手元のお金を気にすることがなく、自然と元本が積みあがっていきます

 

たとえば、

「今月はお金使いすぎちゃったから運用には回せないや」

と運用機会を減らすことを防ぐことができます。

 

最初からナイものとしておけば、

確実に運用資金が積みあがっていきます。

 

余った金額を運用に回すのではなく、

最初にまとまった額を運用に回して、

残った額で生活するということです。

貯金の基本とも同じ考えですよね)

 
 

時間による株価変動リスクを抑えられる

3つめです。

 

先ほども説明したように、

普通に株を購入するときは、

まとまったお金をつかうことになります。

 

もしそのあと急激に資産価値が上がってくれれば問題ないのですが、

いつもそうではないですよね。

 

いつも自分の思い通りになるはずはなく、

購入後に価値が急落する可能性ももちろんあります。

(ここでショックを抑えるために「余剰資金」で運用してくださいね)

 

一度にまとまった額を買わずに、

積立で小額を購入し続けていれば、

大きな損を出さなくなります。

※もちろん反対にいうと、大きな得をすることも難しくなります

 

「積立投資」は大きな損失を出さないようにする投資手法です。

堅実にお金を増やしたいのであれば、

一度に一気に買わずに、こまめに積立で購入していきましょう。

 
 

金融商品の価格を気にせずに済む

4つめです。

 

普通に株を購入するときは、

「今、買い時なのか、買わない方がいいのか?」

と考えなくてはなりません。

 

そのあと無事に価格が上昇すれば嬉しいですが、

買った直後に落下し始めたらショックですよね。

 

株価を読むのはもちろん大事ですが、

感情にとらわれず、株価の上下に気を取られない方が精神面で安心です

 

「あ~あのとき買っておけば、、」

という後悔もしなくて済みます。

積立で、毎月買い続けているからです。

 

投資そのものに費やす時間がほとんどゼロになる

 
5つめです。
 

4つめと似ていますが、

時間をかければかけるほど、感情への影響も大きいと思います。

 

積立で一定額を投資すると決めておけば、

一喜一憂する時間も、

毎回株価をチェックする時間もかからなくて済みます。

 

積立投資では投資していることを忘れられるので、

(本当に忘れることはないと思いますがw)

ストレスを感じず、使う時間も最小限で抑えることが出来ます。

 

別でサラリーマンをしている、別で本業があるという方におすすめな投資手法ということです。

 

以上メリット5つを紹介しました。

 

 

「積立を始めたいあなた」の次の3つのアクションは?

ウェルスナビの検討

銘柄を決めて買うのすら面倒というあなたには、

すべて自動で行ってくれるウェルスナビをお勧めします。

 

ただウェルスナビは自動ですべてお任せできるのですが、

手数料が年1%かかってしまいます。

 

たとえば100万円預けていれば、年1万円。

月にすると800円ほどかかる計算になります。

 

証券会社に口座を作る

toshitami
全自動は嬉しいけど、そんなに手数料がかかるのは嫌、、

というあなたには証券会社の口座を作って、

そこで運用するのがよいでしょう。

 

別記事で証券会社の選び方をまとめています。

証券会社のおすすめ7選も紹介しています。

こちらからどうぞ↓

【初心者向け】20代からの株投資の始め方~証券会社の比較・選び方~

2018.08.18

 

積立する銘柄はどうすればいい?

証券会社で口座は作った。

しかし、

toshitami
どの銘柄に積立投資すればいいか分からない!

というあなたのために、

toshitamiおすすめの銘柄の選び方を紹介します。

こちらで紹介しています↓

NISAで投資信託!購入する上で大事にしている視点を書きました。

2017.03.28

 

 

ぜひみなさんも積立投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

取り急ぎ御礼申し上げます。

スポンサードリンク